復活!ver.



〜ナッポーと最恐風紀委員長とダメツナ〜




骸「クフフw拍手ありがとうございますw」


雲雀「ワオ。こんなのに拍手くれる物好きな人もいるんだね。」


ツナ「いや、失礼だから!(汗・・・・・・てかなんで俺こんなに酷い扱いなの?!」


骸「それを言ったら僕なんか人間扱いすらされてませんけど?


雲雀「日頃の行いが悪いからでしょ?あ、それ以前に君は脱獄者だったね。
早く牢獄へ戻れば良いのに。


ツナ「ひひひ雲雀さん!落ち着いてください!」


雲雀「うるさいよ。咬み殺されたいの?


ツナ「何で?!


骸「いいんですよ。別に。負け犬は負け犬らしく吠えてればいいんですから。


雲雀「ワオ。いつ君に負けたって言うんだい?」


骸「黒曜編と人気投票ですよ。覚えてないんですか?貴方は鳥頭ですか?可哀想にねぇ。


雲雀「ちゃんと単行本の僕が出したコメント読んだ?君文字も読めないの?
どれだけ貧しい環境にいたの?現代の日本じゃ有り得ないけど?」


骸「強がってるんですか?それとも才色兼備の僕に嫉妬ですか?
みんなー人の才能を羨んでる貧相な子がいるよー誰か治療してあげてー」


雲雀「はぁ?君馬鹿みたいにナルシストだね。みなさーんここにイタい子がいるよー誰かいっその事殺してあげてー」


骸「(グッ)クフフ・・・・・」←槍を構えた模様


雲雀「(チャキ)・・・・・・」←トンファーを構えた模様





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・





ツナ「(こ、怖いよこの二人のオーラが・・・)」


雲雀「あれ?何で槍構えてるの?
  見えない敵でも見えてるわけ?
  それとも幻術使いすぎて現実との境がわかんなくなったの?


骸「君こそトンファーなんか構えちゃって。だいたいトンファーなんてマイナーすぎるんですよ。


雲雀「君が最初に構えたんでしょ?そんなことも忘れたの?
しかも原始的な槍に言われたくないんだけど。








ツナ「二人が戦闘モードに入りかねないので、俺がシメたいと思います。
  俺、忘れ去られそうだしね。


  それでは、拍手ありがとうございました!
  俺以上に駄目な管理人だけど、これからもOccaso ricevere santuarioをよろしくね!」







雲雀・骸「「何勝手にシメてる(の?)(んですか?)」」


ツナ「ヒィィィィィィィ!(なんでー?!)」




強制終了。






一言くれると嬉しいですぜ!出来たら名前もお願いしまさァ。

あと1000文字。