◆葛城 忍人◆








支えたい…と、

そう思った。






華奢な体に全てを背負うその姿を見て、

何があっても守り抜きたい、

と…そう思った。






それが例えこの命を投げ出すことになったとしても、

後悔はしない。






君が作るその国の為なら、

例えこの目で見ることが出来なくても構わない、と。






こうしてぬくもりに触れることが出来るなど、

思いもしなかった。






今、

俺は生きていて良かったと…そう思える。






君と過ごすこの幸福を感じていられるのだから。






この一分一秒という短い時間ですらも幸福で、

愛おしくてたまらない。



響くこの胸の鼓動も、

温もりも、

全てが愛おしくてたまらない。










千尋…










もう少し、

このまま抱き締めていてもいいだろうか。






まだ、

もっと君をこの腕に感じていたいんだ       











有難うございますvv拍手だけでも送れますが、感想等も頂けると非常に嬉しいですvv(diaryでお返事させて頂きますv)

あと1000文字。