天知らぬ雨が
ひとしずく
頬を伝って
枕を濡らした

涙はいつしか乾き
空気となって天へ昇る
僕の一部が空になった

雲は流れ
雨が降る

この星に生きる全ての者は
身を削って恵みを創る
雨を降らせる為に
僕は生きているのだ


或阿呆の日記



ついでにコメントして更に拍手

あと1000文字。