本当に夢でしたか






 滑りゆく布の感触。
 離れていった温もり。
 明かりに照らされた横顔。
 消す事などできないあの声。



 昨夜隣にいたのにもういない。
 優しく笑んだあの人は。
 抱きしめても逃げていかずに。
 少しだけ潤んだ瞳を、こちらに向けて。



 何もいわずに目だけで語り。
 触れ合わずとも伝え。
 通じ合った瞬間に幻は掻き消えた。





 悲しみに打たれて眠ってしまったけれど。
 朝陽に光るジャスミンの花。
 傍らに寄り添うように、あの人が好きだった花。




 ねえ、あれは本当に。
 本当に夢でしたか?












よろしかったら一言どうぞ。(拍手のみでも送れます)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。