ありがとうございました! 励みになります!

しょーもない小話NO.3/5「完全犯罪」

 探偵は、ゆっくりと犯人を指差した。
「彼女を殺したのは、あなたですね」
「バカな! どうしてそれがわかったんだ! 指紋は拭いたし、何より殺害現場は密室だったはず! なのになぜ!」
 窓に歩み寄ると、探偵はゆっくりとカーテンを開けた。
「確かに、密室のトリックは完璧だった。現に、私は今でもその仕掛けがわからないよ」
「それなら、なぜ俺が犯人だと断言できるんだ!」
 カーテンの向こうには、視界が届く限り、焼け焦げた廃墟が続いていた。風に舞うぼろきれ以外、動く物はない。
「彼女が亡くなり、私が無実である以上、犯人は君しかありえないからさ。落ちた核のせいで、この地球上で生き残っているのは、三人、いや、今は君と僕の二人しかいないのだから」



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。