お礼ミニチャット1


アオル「私たちのことを知ってる人はこんにちは!」

セキト「知らなかった人も初めまして」

フェイ「ようやくちゃんとしたサイトを作り上げることができましたv」

アオル「これも皆様の支えがあったからです♪ありがとうございます☆」

シュン「全く管理人は何をやってたんだか・・・・」(やれやれ、と両手の平を上に方まで腕を上げる)

一条橋「僕だって忙しかったんだよ(単なる怠惰だったことは秘密です)」

アオル「そこ、管理人は出てこないの!」

一条橋「はいはーい。んじゃ休ませてもらうとしますか」(そそくさと逃げる。)

セキト「まぁちゃんとしたサイト、といってもまだまだ未完成だがな」(もはや無視)

フェイ「でもキャラクターの欄を画像無しとは言え私たちを真っ先に作ってくれたことには感謝だよね」

アオル「まぁ管理人が小学生の時から作り上げていたキャラですし?」

セキト「それだけ思い入れが強い、ってことか」

シュン「の割には俺とフェイとかは結構忘れ去られ気味な感じだったけどな」

フェイ「・・・・・・・・・・・」



アオル「ま、まぁとにかく!」

セキト「これからもよろしく御願いします!!」






フェイ「(逃げたね・・・)」

シュン「(逃げたな・・・)」

アオル「ほら、そこの二人組!帰るよ!!」









感想などありましたらお気軽にどうぞ。誤植報告の場合は文頭に*を御願いします。その際、該当作品の題名・話数をご一緒ください。
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。