お礼ミニチャット3


春陽「初めましての方は初めましてv」

秋斗「すでにお知り合いの方にはこんにちは」

春陽「今日は皆さんにこの場を借りてお礼を言わせて頂くために参りました〜w」

秋斗「・・・何故おまえは幼児相手のお姉さん風のしゃべり方なんだ?」

春陽「う〜ん・・・何となく?」

秋斗「それではきちんとしたお礼にならないだろうが」

春陽「そうかな?」

秋斗「まぁいい。とりあえずさっさと済ませてしまおう」

春陽「は〜いv」

秋斗「このサイトに来て頂きまことにありがとうございます」

春陽「皆様のおかげでこのサイトもまだまだ未熟ではありますが日々邁進しております」

秋斗「このような場所ですみませんが精一杯の感謝をさせて頂きます」

春陽「まぁ口だけでなくちゃんとやれ、ってかんじなんだけどね〜」

秋斗「いちいち突っ込むなよ・・・・おまえの集中力はどんだけ短いんだ」

春陽「ん〜っと、1日1分?」

秋斗「短っ!」

春陽「まぁまぁ・・・それより早くここ締めましょう?」

秋斗「ああ。そうだな」

春陽「では皆様、これからもこのサイトを」

秋斗「よろしく御願い致します!」





春陽「秋斗が私の台詞とったーしかもラストのいい場面で!」

秋斗「そんなに拗ねることか?」

春陽「拗ねる!!」

秋斗「はいはい・・・。んじゃぁ後でなんかかってやるから・・・」

春陽「えマジ?!やった!!んじゃ駅前のスイーツ専門店の納豆杏仁風アイスのイカスミ黒酢ピザソースがけ特大オリジナルクリームぱ・・・・」

秋斗「お、おい!あんまり変なのはやめろよ?!」









感想などありましたらお気軽にどうぞ。誤植報告の場合は文頭に*を御願いします。その際、該当作品の題名・話数をご一緒ください。
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。