拍手ありがとうございます!



東方日曜者〜幽〜


「幽々子様!」
「どうしたの〜?」
いつも通り暢気な幽々子様。
「異変です!」
「そうらしいわね、紫から聞いたわ」
「怨霊ですよ。行かなくてよいのですか?」
「……そうね、行きましょうか」
「では早速準備を……」
「温泉に」
「みょんっ!」
幽々子様の不意討ちについ転んでしまった。
「あらあら、異変解決にでも行くつもりだったのかしら?」
「そのつもりでしたが……」
「そんなのは、あの子達に任せておけばなんとかしてくれるわ」
博麗の巫女と普通の魔法使い、ですか。
「じゃあどこに行くんですか?」
「決まってるじゃない」
何を分かりきった事を聞いているのか、とも言いたげな表情の幽々子様。
「温泉よ〜」
「ああ、確かに怨霊と一緒に湧き出てきましたけど」
「違うわよ、殀夢。温泉と一緒に怨霊が湧いて出たの」
同じじゃないですか。
「ま、あなたは私について来ればいいわ」
「はい」
「固い固い! 行くのは戦場じゃなくて温泉よ!」
幽々子様の考えている事は分からない。
ただ、幽々子様が大丈夫だと言うのなら大丈夫だろう。
「そうですね。では、支度してきます」
「出来るだけ早くお願いねー。例えば――この街が――僕を――欲しがっても――」
急がなくても温泉は逃げませんよ。それにしても……、
「その歌は?」
「外の世界の歌よ。紫が……『あいぽっど』って道具で聞かせてくれたのよ。今すぐ――出かけよう――日曜日よりの使者――」
「……っと、支度してきます!」
幽々子様の歌声に聞き入ってしまっていた。

……その後、温泉で幽々子様と紫様に散々な目に遭わされたが、それはまた別のお話である。




コメントあればどうぞ!(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。