拍手ありがとうございます!


東方日曜者〜紫〜


くだらない毎日。
ただ過ぎていく時間。
「はぁ……」
また溜息をつく。今日何回目だろう、数える気もない。
「このまま――どこか遠く――連れてって――くれないか――――」
イヤホンから流れる歌を口ずさむ。
「連れていって、さしあげましょうか?」
目の前に、豪奢な洋服に身を包んだ女性が現れた。
君は、君こそは……、
「……日曜日よりの、使者?」
「そう呼んでもらっても構いません。さぁ、行きましょう」
そう言うと、その人は俺の手を取り、突如目の前に顕れた空間の隙間に飛び込んだ。
その先には――




コメントあればどうぞ!(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。