【雪ではなく 僕 が】

さくっさくっと人が立てる音がする。
その後ろの雪は少しくぼみ、薄汚くなってしまっていた。
「随分と」
腕に花を抱えた者が歩いていた。たった一人で。
「雪が降りますね」
フードを頭から落とし、体に降った雪を手で叩く。
「困ったものですね」
苦笑をするのは、まだ年若い男だった。
若草の色をした髪はふわふわと柔らかそうで、黒の色をした瞳は静かな光をこもらせていた。
「こう寒くては、敵わないでしょう」
雪の上なのも気にせず、膝立ちで座る。
「貴女は、寒いのが苦手でしたからね」
積もった雪を丁寧に素手ではらっていく。
「雪が降るたびに寒ーい死ぬー!! と大騒ぎをして怒られてましたよね」
はあっと手に息を吐き掛ける。そしてまた雪をはらう。
「さ、これで少しはマシになったでしょう」
全てはらい終わり、ほんのわずかだが、微笑んだ。
花を捧げた後、思い出したかのように、青年は唇を合わせた。
また、はらりと雪が彼に触れた。
「…ああ、もう…本当に困った方ですね」
苦笑して立ち上がる。
「いい加減にしておきなさい。シルクが…寒がってしまうでしょう」
冷たく冷えた、美しい石の前で彼は雪を手に微笑んだ。

降る雪は あはにな降りそ 吉隠の猪養の岡の 寒からまくに

+++++++++++

拍手有難う御座います!!
よければコメントの方もどうぞ!
返信は作成日記の方にて致します。
もし個別でのコメントでしたら、文章のどこかに名前の方を書いて下さいませ。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。