拍手ありがとうございます。






ローレライ



何故かは知らぬが心侘びて
昔の伝えは漫(そぞ)ろ身に沁(し)む
寂しく暮れゆくラインの流れ
入り陽に山々赤く映ゆる
麗し乙女の巌に立ちて
黄金の櫛とり髪の乱れを
梳きつつ口ずさぶ歌の声の
奇しき魔力に魂も迷う
漕ぎ行く舟人歌に憧れ
岩根もみやらず仰げばやがて
浪間に沈むる人も舟も
奇しき魔歌(まがうた)歌うローレライ




ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。