拍手ありがとうございます!●現在3種
◇堀宮/*性転換ネタ/双子設定/谷原・谷原♀ (名前だけ:谷原兄♀)/谷原♀の名前は「マキ」/谷原兄♀(姉)の名前は「ヨウコ」


 何時にここへ入ってきたかなど逐一覚えてはいないし、これが何度目だということも最早数える気さえ失せた。客の入りがピークの時間帯ならば仕方ないと思うが、それを過ぎても尚なんの音沙汰もないというのはどういうことだろう。顔を覚えられた上でこれだけ待たされているとするならそれは許されざる行為である。「また来たよあの青い人」とか「⑤の人」とか噂されていそうで、足を運ぶことさえ毎回少し躊躇っているというのに。というかそもそも何度もこんなに目立つ青髪の男子高校生が⑤のプレートを持ちその後運ばれてくる事のなかったメニューについて怒鳴り散らしに行っているのだから、そろそろ覚えでもして気を引き締めて貰えないものだろうか。来る度に⑤の黄色いプレートを持たされ延々と待たされるこちらの身にもなってほしいものだ。

「あ、マキオだ」
「マキ?」
「何やってんの?そんなとこで」
「……姉ちゃんが、急にシェイク飲みたくなったとか言いやがるから……」

 突然現れたマキはそれだけ聞くと「ふうん」と呟いてレジの方へ向かった。双子揃って⑤のプレートを持たされるときは決まって待たされるこの状況に、テーブルの上に一つ寂しそうに立っているプレートを見て気付いたのだろうか。そんなことを思っていると誇らしげな顔をして戻ってきたマキが天使に見えたのも束の間、右手に握られていたものは俺が頼んだものではないらしい。姉ちゃんに頼まれたシェイクとお駄賃代わりにこっそり頼んだコーラ、ではない。

「え、なに、言ってくれてねーの」
「んー、めんどくさくて言ってないけど同じシェイク頼んだから気付いたっぽいよ」
「サンキュ」
「ヨウコ姉思いつきでモノ頼むからなぁ」
「そーなんだよ」
「うーん、まだ来ないね。ガツンと言ってきてやろうか」
「……いや、いいよ」



まちぼうけ
(でも、君となら、悪くない)






--
凄く「誰得?」→「俺得!!!!!」なものばかりですみません…
なんか双子以外考えられなくなってきた笑
ところでどれだけ書いてもみんなエセなんですがこれどうしたらいいの




何かありましたらこちらから(レスは日記にて)
あと1000文字。