シゼ「なぁ、クレイズは何でそんなにフィーユさんを毛嫌いするんだい?
優しい人だと思うんだけどなぁ、フィーユさんて…」

クレイズ「それは、姉さんの真の恐ろしさを知らないからそんな事言えるんだよ。
肉親じゃなかったら、即効逃げて存在自体消去するね、黒歴史にするね」

シゼ「そ、そんなに?うーん、あんまりイメージ沸かないけどな」

クレイズ「うん、そんなにだよ。姉さんと仲良くするくらいなら、魔王とチークダンスする方がまだマシだよ」

シゼ「…いや、余計分かりにくいんだけどその例え」

クレイズ「……!じゃ、僕はこの辺で(何かを感じ取ってそそくさと立ち去る)」

シゼ「あれ?どうしたんだろ……あ、フィーユさん」

フィーユ「まぁ、シゼじゃありませんの、ごきげんよう。
あら、貴方お一人かしら?話し声がしたのだけれど…」

シゼ「え、あ、いや…(クレイズ、フィーユさんの気配を察知して逃げたのか…?フィーユさんにのみ反応するセンサーでも働いてそうだな…)」


拍手ありがとうございました!
もしコメントがございましたら、お気軽にどうぞ。
尚、お返事はブログにてさせて頂きますが、誹謗中傷、宣伝、その他不適切なコメントには返信致しません。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。