【なんて素敵な罠】


牛のやつがさ、大量の肉を押し付けてきたんだよ。一人じゃ食い切れる量じゃねぇんだ。
楓がケーキ焼いて送ってくれたんだ!……バニーも食っていいんだと。
兄貴がロゼ送ってきた。しかも、すっげぇいいやつ。せっかくなら焼酎も送ってくれりゃいいのになー。
夕べ、ロールキャベツ作り過ぎちまってさ。このままだと数日は同じもん食うことになるかも。
……だからさ、と僕を伺う瞳に、いつも少しだけ緊張が混じっている。
「今日うちに来い」の一言だけで、あなたの誘いなら大歓迎なのに。それすらも言わないあなたを補うように、制するように、笑顔の引換券のような台詞を口に出す。
「では、今日は虎徹さんの家にお邪魔しても?」
言い訳が必要な虎の罠に、今夜も喜んで嵌まる。

拍手をありがとうございます!【Froste / 氷雪】



何かあればこちらからどうぞ(絵文字以降は削除されてしまうようです)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。

簡単メッセージ