拍手ありがとうございます!(≧∇≦)b

03 止まれない

「うわぁぁぁぁっーーー!!!」

 俺は自分を制御出来ずに…ただただ乱暴に飛空艇を操った。
リックスの崩壊…哀しみとも怒りとも言えない感情が俺を支配していた。

「止めろ、バッツ!」
「はぁ、はぁ…」

 制したのはファリスだった。
よくよく見ると、いつものあの強気なエメラルドの瞳が揺らいでいた…。



「…少し、休めよ」
「………悪りぃ」
「………馬鹿」

 そう言って彼女は俺の部屋から出て行った。

「親父は…大切な星を失った時、一体どんな想いをしたんだろうな───」

 最愛の妻を失い、どこか淋し気だった父。その気持ちが今なら少しだけ分かる気がした───。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。