美味しい珈琲をどうも有難うございました!
一息ついて頭をリフレッシュし、又日々精進してゆきます。
こちらは御礼画面第1弾です。

もしもシリーズ<アルバイト編>
・もしもXXがファーストフード店のバイトだったら

<薔薇木:土田編>
土田:ご注文は。
客A:えーと、ダブルバーガー1つと……
土田:[じー]
A:ポテトのMを……1つと……[一筋の汗]
土田:[じー]
A:……それから……ウーロン茶のアイスを1つ……と……[さらに続く汗]
土田:[じー]
A:……あと……ホント、すいません……大マジでスマイル0円……とか言ってもいいっすか……?
[恐怖で汗だく]
土田:……。(ただ見ていただけなんだが……)

オチ見え見えですみません。


<遥か3:知盛編>
知盛:注文を、繰り返した方がいい、か?
客A:あ、はい。
知盛:何だったか……ああ、ハンバーガーが、2つ、だったな。それから……チーズバーガー、が
3つ……と、ホットのコーヒーの……S、か。S……クッ……
A:あのー……
知盛:(スモールだけではなく、サディスティックもSだったな……)[危険妄想が入って聞いちゃいない]
……それから、ああ、オレンジジュース、だったか……数は、コーヒーが2つ、オレンジジュースが1つ……
あとは……
A:……すみません、俺が悪かったです。時間がないんで、もう繰り返さなくていいです……
知盛:全く……無駄な事をさせる御仁だな……クッ……[ちっとも反省しちゃいない]

こっちのオチも見え見えだって……!

珈琲のお礼がお口汚しですみません。m(_ _)m



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
あと1000文字。