拍手ありがとうございました!  
   
恋する5のお題 (女視点 清く正しく) : その1 友人の話曰く。

 意外なことに、ひそかにもてているらしい。曰く、下駄箱に入りきれないほどのラブレター――とまではいかないが、時々下級生の女の子に呼び出されているとか。
 無論、そんなこと私にとってはどうでもいい。
 あと、そのたびに『好きな人がいるから』とかと律儀に断っているとか。
 そんなことも無論、私にとってはどうでもいい。
「なのになんで、あなたはここにいるの」
「ハニーと帰りたいからに決まってるでしょ」
 私のことはお構いなしに、そう言って隣を歩く。
「付き合うことになったらいろいろ困るでしょ」
「私に言い訳なんかしなくてもいいわよ」
 二人で通い慣れた道を歩くのは日常茶飯事で。隣で一方的に彼がまくしたてるのも当たり前のこと。
「いい加減、気づいてくれてもいいんだけどなー」
 だから、右隣から聞こえるつぶやきも、どうでもいいことにした。
  「かつとまどか」より
skin by spica
 
   






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。