ぐるぐると廻る暗闇は形を残すこともなく、それ以前に本当に廻っているのかさえ怪しい──。
おぉ、不思議なもんだな。と俺はそれにくぎ付けになっていた。

ぐるりぐるりと。

寝る直前に瞼を閉じる感覚、どこかそれに似ていて──。
俺はきっと死ぬんだな、と妙な安心さえ覚えて俺は逆らわないでいた。

ぐるりぐるりと。

でもそれは、いつまでも終わらなくて──。
ふとした拍子に、まだ、続くのか、と悟り。運命の神様とやらを再び憎んだ。






→2に続く



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。