拍手さんくす!









ある非番の日、安定と清光は自室にいた。
これまで寒かった部屋の中には、ほんのりと春の日差しが差し込み始めており、だんだんと肌寒さがなくなっていた。
もしも猫だったなら、この日差しの下で昼寝などに興じていただろう。

「ねえ清光。今度の主のお誕生日だけど、清光はプレゼントに何渡すの?」

自分の刀を手入れしながら安定は、念入りに自分の爪にマニキュアを塗る清光に尋ねた。

「何って・・・うーん、まだ考え中なんだよねぇ・・・。
あの人、それなりにおしゃれは好きだから、お化粧品とかでもあげようかなって思ったんだけどさ、やっぱりそういうのって好みがあるじゃん?
そんなこと考えてたら、何をあげたらいいのか分からなくなっちゃってさー。」

塗り上げた爪に、ふーっと息を吹きかける清光。安定も刀を手入れする手を止めて困った顔をした。

「そーなんだよね。僕も、アクセサリーとか化粧品とかかなぁ?って考えたんだけど、そういうの詳しくない上に、こんなもの欲しくなかったとか言われたらショックだなぁ・・・って。」
「そんなこと言わないでしょ。主は・・・。あの人なら、好みのものじゃなくても喜ぶだろうけど、やっぱり主が喜ぶものあげたいじゃん。
でもそれが分からなかったら、どうしようもないよねぇ・・・」

はぁ・・・と大きなため息が出る。そこに、安定のため息も加わった。
主の誕生日は、数日後に迫っていた。手作りの料理を・・・とも考えたが、その考えにたどり着いたものも少なくはない。
厨房の使用権を巡って、一騎打ちなどもなされていた。それに参加してもいいかなと考えたが、作るものがかぶりそうでやめた。
この本丸において、燭台切以外の料理スキルは低い・・・。

「もっと料理スキルが高かったらねぇ・・・」
「今更そう言っても仕方ないじゃん。それに、料理以外にも主が喜んでくれそうなものはいっぱいあるだろ?」
「例えば何?」
「それが分かったら、苦労しないっつーの!」

二人でしゃべっているうちに爪が乾いたようで、清光は頬杖をついて窓から空を見上げた。
安定は自分の刀を鞘に戻し、窓のそばまで行ってから、ガラっと窓を開ける。
外にはもう、春の景色が広がっていた。
うぐいすは桜の枝にとまり、とてもいい声で鳴いていた。先日まではお世辞にも美しいとは言えない声だったのだが・・・。

「もうすっかり、春なんだねぇ・・・」

安定がそう呟いた時、清光が「あ・・・!」と何かに気づいた声を上げた。

「なに?清光。」
「安定!俺たちでさ、主に春をプレゼントしようよ!」
「春をプレゼントって・・・何言ってんのさ清光。」
「いいから俺について来いって!今から春を探しに行くよ!」

パタパタと駆け出しながら部屋を飛び出していった清光のあとを安定は追った。
何の事を言ってるのか分からなかったが、庭に出た清光の行動を見て、安定はそういうことか・・・と気づく。
彼もまた、清光のマネをして春を集めた。そうして数時間後・・・。

「いっぱい集まったね、春。」
「これだけあれば、主も喜んでくれると思うよ。」

清光はパチンとウィンクをした。そして、主の誕生日がやってきた・・・・。
他の刀剣たちが料理やプレゼントを振る舞う中、清光と安定はたくさんの春を抱えて主の前に立つ。

「主!誕生日おめでとう!僕と清光から主へ、春のプレゼントだよ!」

そう言って、二人は主へ春を手渡した。
買ったものでもなく、お金はかかってないけれど、そこには色とりどりの春の花たち。

「気に入ってくれた?俺たちの愛を、すっごい込めてみました!・・・って、え!?主、なんで泣いちゃうんだよ〜!」

自分たちの主の目に涙が浮かんだ瞬間、清光と安定はひどく狼狽え、周りの刀剣たちは「主を泣かした!」と二人を茶化す。
可愛い可愛い主は、そのままぎゅっと二人にしがみつき、涙を浮かべて笑うのだった。




春をプレゼント



拍手ありがとうございました!








お名前、URL任意です。メッセもらえれば桂樹が喜びます。
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。

簡単メッセージ