シシルに拍手ー(ポドールイの人形師より)



人形館にようこそ。あたし、このお館の使用人のシシルと申します。
ジューヌさまにご用なんですよね?
待ってくださいね、ジューヌさまは隠れるのが趣味なのですけど、あたし見つけ方を編み出したんです。
あ、あの美人の動くお人形、ナシャさんに聞けばわかります。

「ナシャさん、お客さまです。ジューヌさまはどこかしら?」
「生憎ジューヌは留守にしておりまして、私が代わりに……」
「ジューヌさまは人形だらけの書斎かしら?」
「……もしかしてそうかもしれません。探しにいきます?」
「結構です、ジューヌさまはお風呂かしら?」
「……たぶんそうです、探しにいきましょうか?」
「行きません。ジューヌさまは螺旋の階段の上の尖塔の部屋かしら?」
「……おすすめしませんけど、そうかもしれません。さあいきましょう」
「いいえ、行きません」

むー、待ってくださいお客さま。
他にジューヌさまのいそうな部屋は……

「ジューヌさまは、あたしの部屋にいるのかしら?」
「いいえ、シシルさん! ジューヌは絶対シシルさんの部屋にいません! 絶対に今いってはいけません!」
「ちょっとナシャさん、なんでジューヌさま、あたしの部屋にいるんですか!?」

お客さま、行きますよ! ご案内します!
あの変態仮面をとっちめてやりましょう!



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。