拍手ありがとうございました!
下はお礼SSです。(全2種)

■拍手お礼SS① チカナリ(BASARA)■





「…こりゃまた派手にやられたな」


腕についた傷に言葉が漏れる。
こびりついた血糊を落とせばその傷口が露になり、
思わずこちらの顔が歪むのが分かった。


「これくらいの傷、大したことはない」


そんな自分に反して、返ってくるのは静かな声。
痛みがないはずはないだろうに、
だがその表情は不気味なほどに何も感じさせない。
まっさらな、凪のような顔だった。

その凪の下に広がる闇は如何ばかりだろうか。
波の下の暗く果てのない水底をありありと思い知らされるようで、
その表情を見る度に胸の中が軋んだ音を立てる。

形を変えない波はない。
ならばいつかはこの凪も終わる日が来るのだろうか。
それをもたらすのが自身であればいいと願うが、
傷口に触れるこの手はあまりにも無力で。


「…何故貴様がそんな顔をする」


「さぁ…、なんでだろうな」


こちらを見上げ問いかけてくる声に、
今はただ、そう言うのが精一杯だった。




■完■

なんか薄暗いチカナリが書きたい、と思って書いたものです。
結果、薄暗いというかアニキ一人が悶々としてる文になってしまった(苦笑)



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。