キスの温度~指で感じてみる~(Ⅷ×Ⅳ)

セシルは温かいのか
そんな疑問が頭をよぎる。
触れたら消えてしまわないか
そんなことを考えて。

「?どうしたの?スコール」
「え?ああ、なんでもない」
「疲れちゃったんじゃないの?僕は慣れてるけど、スコールアルバイトしてそんなに日が経ってないから」
「でも慣れないと」
「そうだけど」

あまり無理してほしくないなあとか言って奥へ入っていく。
書庫での魔導書の整理。
増えすぎてしまったものをきちんと整理する仕事に立候補した。
その仕事がセシルがやると言っていたから、スコールは立候補したのだ。
ことんと温かい飲み物が目の前に置かれる。

「あ」
「少し休んで?」
「…」
「何か他のものがいい?ちょっとお菓子とかは作れないから」

少し考えて
そっとセシルの唇を指で触れて、それを自分の唇に当てる

「え?えええ?えええええ?」
「十分甘い」
「ほええ」

セシルは温かかった。
今度は指ではなく体温を確認したいと思ったスコールでした。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。