「美咲、誕生日おめでとう!!」

『嘘・・・ありがとう!!』

「ちょっと開けてみろよ、これ。」

『何?大輔にしては珍しく誕生日プレゼント?』

「珍しくって言うな!!貴重やねんぞ?これは。」

『貴重とか自分で言うなよ・・・。  え?これって、前からほしかったクマのぬいぐるみ。』

「俺にしては覚えてたと思わんか??これ。」

『うん。そこは褒めたる。   うわ、手紙とか・・・。男らしくないなぁ。』

「男らしくない言うな!!これも貴重品や。」




「おい、美咲。泣くなよ。大した事書いてないやろ??」

『大した事じゃなくないよ。 めっちゃうれしい。』

「うわ・・・見てたらこっちまで涙が・・・。」

『ちょっと、あんたまで泣かんといてや。』

「それはこっちのセリフや、大した事書いてないのに泣くな!!」

『違う、うちは手紙を読んで純粋に感動してるだけ。そんな冷たい大輔に、涙はもったいない!』

「あのなぁ・・・。」



08.泣かんといて:関西弁でお題  お題提供:COUNT TEN.

ってことで、拍手ありがとうございました。
他にも、9パターンあるので、また拍手してください。 こんな調子で書いてますけど。
オチに文句は言わないで・・・。これが大阪人の考えた精一杯のオチです。(ぇ

そう、美咲が欲しかったのは中学生にしてクマのぬいぐるみ。



何か一言残したい方はどうぞ。お題の感想でも。拍手だけでも送れます。

あと1000文字。