拍手ありがとうございます☆

意見、感想、質問、要望など一言どうぞ。

一言は無記名でもかまいませんのでお気軽に。





お礼文は10種類、ランダム表示






●ガネーシャ●

出自:インド神話、ヒンドゥー教

別名:ガナパティ(シヴァの一族ガナの王)、ヴィグナ・ナーシャナ(障害を除く神)、

    ガジャ・アーナナ(象の顔)、ヴィナーヤカ(障害を除く神)、

    ラムボーダラ(タイコ腹の神)

字義:「群集の王」

容姿:四手と独牙を持つ象頭で袋腹の黄色い男。鼠にまたがるか、鼠を持つ

家族:父にシヴァ、母にパールヴァティ



パールヴァティが自分の体の垢を練り上げて作った。

あらゆる障害を防ぎ、富をもたらす神。

インドでは重要な事業の開始時には必ずガネーシャが祭られる。

思慮深さの神でもあり、商売繁盛の神としても人気がある。



本来は完全な人間の姿であったが、パールヴァティの沐浴を覗き見する者が

いない様に見張っていた所、シヴァに対してさえ妨げ様とし、首をはねられた。

正気に戻り慌てた(もしくはパールヴァティが逆上した為)シヴァに、通りすがりの

象の首(アイラーヴァタという説も)を与えられた為、象頭の神になった。

ガネーシャの誕生を祝う宴の席で、シャニに見つめられ頭が灰になったという説もある。



八月二十二日はガネーシャ・チャトゥルティー祭りと言って祭りの最初の日に粘土で

作った彼の像を家に安置し、最後の日にその神像を持って行列し湖や川や池に沈める。

マハーラーシュトラ地方で熱心に祭られ、十日間程度続く。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。