お礼画面はこの一種類です。
『テニプリ』小説『グラン・ギニョール』

「グラン・ギニョール?」
 受話器に向かって俺がその言葉を発した途端、アフガンバウンドのマルガレーテが首を擡げて、瞬間、飛びついて来た。
 ――そして、ペロペロと俺の頬を舐める。
「あはははは、くすぐったいよ! マルガレーテ!」
 瞬間、これはコロンボのトリックを使ったいたずらだな、とわかった。
 俺、幸村精市は立海大附属中学のテニス部部長。長い間闘病してたが、この間ついに退院出来た。
 このいたずらを仕掛けたのが景吾。フルネームは跡部景吾。知っている人は知っているし、知らない人は知らない。――何当たり前のこと言ってるんだ? 俺は。
 この跡部景吾というのが、世界に冠たる跡部財閥の御曹司というのだから、世の中はわからない。大丈夫か世界。
 そうそう。この景吾というのと俺が、悪友と言うか、ミステリを通じての友というか――。
 いつも二人でミステリのトリックを使って遊んでいるんだ。

 ことのおこりは数分前。跡部から電話がかかってきた。――マルガレーテが傍で寝そべっていた。
『よぉ……幸村』
「いつも通り精市でいいよ」
 俺だって景吾って呼んでるし。
『んじゃ精市。俺様、どうしてもわからない単語があるのだが――』
「俺のわかる範囲で答えるよ」
『どうも――』
 景吾はいつもより大人しい。
「どうしたの? 景吾。いつもより元気がないね」
 わからない単語があるということが、そんなに恥ずかしいことなのだろうか。景吾が恥を知っているとは驚きだが、どうやらそうでもないらしい。
『実は俺様、小説を書こうと思ってな』
「小説? 君が?」
 まぁ、彼が意外に読書家なのは知っていた。シェイクスピアの愛読者であることも。時々、入江と共にシェイクスピア談義で盛り上がるらしい。
 ――どうでもいいけどさ。
 仲間に入れられないからって僻んでる訳じゃない。――ほんとだよ。
『んな驚くなよ』
「ははっ、悪い悪い。君に小説を書ける頭があるとは知らなかったものでね」
『てめぇ――』
「君が財閥の力で本を出版したら、俺が真っ先に読んで酷評してあげるよ」
『……何でこんなヤツが俺様の友達なんだ……』
「俺は君の友達になった覚えはない」
 嘘である。けれど、景吾には効いたらしく、電話の向こうで呻いていた。
「それで? どういう単語?」
『確か、フランスの言葉だったな。あ、その言葉がトリックの鍵になっててな?』
「いいから早く言いなよ」
 俺はちょっと苛々してきた。
『急かすなっつの。んで、ある劇場の名前なんだけど、「血腥い」とか? 「こけおどしめいた」とか? 何かそんな意味の言葉で――』
 俺にはぴんと来た。もしかして。
「グラン・ギニョール?」
 その時だった! 今まで寝ていたマルガレーテが急に起き上がって、俺に体重をかけて来た。俺の頬を懸命に舐める。いつも清潔にしてあるせいか、犬特有の臭さはない。
「あはは。くすぐったいよ。マルガレーテ! マルガレーテ!」
 マルガレーテは俺の顔を舐めるのを止めない。
『ふん……引っかかったな』
「引っかかったなって――こんなのトリックの初歩じゃないか。グラン・ギニョール――ああ、待っててね、マルガレーテ――という言葉を口にした瞬間、マルガレーテがじゃれつくように調教したんだろ?」
『グラン・ギニョールは、マルガレーテに対する愛情表現の合図になっている。そんで、マルガレーテの『私もあなたが好きよ』という行動に繋がるんだ』
「でも……俺に犬のアレルギーがあったらどうするんだい?」
『それは医師とも相談済みだ。お前には犬のアレルギーはない!』
 そうだね――でも、ちょっと重くなって来た。
「ま、マルガレーテ。ちょっと落ち着こう。ね?」
『ダメだ。今はまだスイッチが入ったきりだ』
 うーん、どうすればいいのかなぁ……。
「景吾。マルガレーテを鎮めるにはどうしたらいい?」
『――そこまでは考えてなかった』
 景吾め……。だからこそ、一部では『あほべ』と呼ばれるんだ、君は。
 ドラマでは、キーワードは『ばらの蕾』というものだったけど――。あ、『ばらの蕾』というワードは、『市民ケーン』という映画を観ればわかるよ。このトリックは、普段は使わないけど、大抵の人が知っている言葉を使うのが効果的なんだ。
 俺は一応、『ばらの蕾』と言ってみたが、効果はなかった。
 ま、俺だって策がない訳じゃないけど――。
「幸村さん、何笑ってんの?」
 ドアを開けたのは越前リョーマだ。俺は彼のことをボウヤと呼んでいる。
「ああ、ボウヤ――」
「マルガレーテ……」
「ボウヤ、ちょっとはっきりと、『グラン・ギニョール』と言ってみてくれない?」
「? ――グラン・ギニョール?」
 マルガレーテは今度はボウヤに飛びかかった。ボウヤは小さい体でやっとマルガレーテを受け止める。
「あははは。どうしたの? マルガレーテ!」
「さっきの『グラン・ギニョール』という言葉は、キーワードになってたんだ」
「それでマルガレーテが……あはは、可愛いね。マルガレーテ」
 さてと、マルガレーテはボウヤに押し付けたし。後は――。
「それにしても景吾、俺をよく殺さないでおいてくれたね。ありがとう」
『てめぇを殺すと後がこえぇかんな』
「あれは殺人のトリックだったろう?」
『『ばらの蕾』、『グラン・ギニョール』、普通は使わない言葉なら、キーワードとして機能するんじゃねぇかと思って試してみた』
「試してみたって――景吾、お前、俺を騙したね……」
『殺そうとしなかっただけでもいいじゃねぇか。それに、俺もお前には何度も騙されてる』
「そうだったね。お前は騙しやすいからね――後で覚悟しとくんだね」
『わぁってる。楽しみにしてるぜ』
 ガチャン、ツー、ツー。
 電話は一方的に切れた。
 ったく……。愛らしい淑女のマルガレーテをこんなビッチに仕立て上げるなんて――。
 お仕置きが必要だね。これは。
 マルガレーテが景吾の飼い犬であることはこの際関係はない。俺はちょっと怒っているんだ。
 ボウヤは動物への耐性が出来ているのか、今もまだマルガレーテと遊んでいる。
「……ねぇ、マルガレーテ。俺が跡部さんと結婚したら、マルガレーテも俺のものだよ。カルピンとも仲良くなれるといいね」
 ボウヤが言った。……一部、聞きたくない単語があったようだが気にしない。マルガレーテは景吾が躾け直すことだろう。あ、カルピンというのはヒマラヤン――ボウヤの飼ってる猫なんだ。
 ヒマラヤンなんてボウヤのくせに生意気だね。ボウヤなんか雑種でも飼っていればいいんだ。どうせ猫の飼い方も碌に知らないんだろうからさ。
 俺がボウヤにきつく当たり過ぎるって? だって、俺、ボウヤにテニスで負けたもん。
 景吾も負けて坊主頭――というか、あれはベリーショートだよね。ボウヤが景吾をベリーショートにしたいから、勝負を受けたんじゃないかっていう噂が、ほんの一部には、ある。
 ――マルガレーテもちょっと疲れて来たみたい。興奮していた彼女も少し、大人しくなった。ボウヤが優しい目で、マルガレーテの頭を撫でる。ボウヤのいつもの生意気さは影を潜めている。
 いい目だ。
 ボウヤ、マルガレーテだけじゃなく、景吾にもその目をしてやったらどうだい。景吾単純だから、案外簡単に落ちるかもよ。
 俺の知ったことじゃないけどね。
 さてと、景吾が来たらお菓子をせしめてさっさと帰るか。
『グラン・ギニョール』――か。今回は俺もちょっとびっくりしたね。仕返し、楽しみに待ってなよ。景吾。
 ああ、そうだ。――マルガレーテが疲れて眠った後、俺は言った。
「ボウヤ、ちょっと手伝ってくれないかい?」
「え?」
「跡部景吾を騙す手伝い」
「何それ。すごく面白そう」
 ふふ、ボウヤも俺と同じ人種であることは初めからわかっていたよ。俺とボウヤは、にやっと笑みを交わした。



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。