ありがとうございます! 【お礼文⑥/リボーン未来/白正】 あの人は最後までボクをかき乱した。 『正ちゃん。  僕は君と過ごす日々は、ずっと楽しかった。  どの世界にいても。  君との時間は特別だったんだ』 全てが終わった後、あの人がかつて使っていた机から見つけた。 パソコンやデータでのやり取りをしていたあの人には珍しい手紙。 手紙というにはあまりにも稚拙な紙。 そこに書き遺されたあの人の言葉。 『いつか君に花を贈ってあげる。  僕の名前の花だ。扱いにくいかもしれないけど。  きっと君なら大丈夫だよね』 世界が違ったなら。 あの人と別の未来が選べたのだろうか。 ぼたぼたと紙に涙が落ちた。 『白蘭』 書かれていた、あの人の名前が滲む。 「…びゃくらん、さん」 蘭:花言葉 あなたを愛す おわり お礼文全6種(リボーン3種/ヴェスペリア3種) ↓宜しければメッセージもどうぞ!↓



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。