《オリジナル/わりと愛》


触るな、と狐原が言ったら、腰を抱く手になおさら力を込めた。いやな男だ。
「オレのものに触って何が悪い」
「オレには気分を主張する権利もないのか」
「いや。好きなことを言えよ。聞くかどうかはわからねぇが」
 舌打ちをしても鴻也の手がほどけないことはよく知っているので、かわりに左手を持ち上げてその癖っ毛を思い切り引っ張ってやった。
「ってぇッ!」
「ふん」
 鴻也が聞こうと聞くまいと、狐原は自分の言いたいことを言う。
そのためにこの男の傍らにいるのだ。



ひとことある?
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。