▼FE覚醒/無題

ありがとうございました!
またのご来場をお待ちしております!!
会話文のみですが、それでも宜しければどうぞ~

「あっ、お兄ちゃん!」
「こんな処にいたんだ……って、あれ? ルフレさん??」
「寝ちゃってるの? 珍しいね」
「ああ……だから声を落とせ。何か用なら手短かに頼む」
「別に用事があった訳じゃないんだけど……」
「それにしてもよく眠ってるねー。わたし、ルフレさんの寝顔なんて初めて見たかも♪」
「日頃の疲れが溜まっているんだろう。いつだって、休みなく働いてくれているからな」
「自分のことは後回しにしちゃう人だもんね。見てて時々心配になっちゃうよ」
「そうだな……」
「……それにしても、お兄ちゃん」
「何だ?」
「随分と柔らかい表情するようになったよねー」
「……そうか?」
「ふふっ、それもこれも、ルフレさんのお陰かな~」
「何を云って……おいリズ、ルフレが起きる」
「少しぐらい良いじゃない。ルフレさんよく眠ってるもん」
「やっぱりサラサラー。前から一度触ってみたかったんだよね~」
「起きてる時に云えばいいだろう」
「だってルフレさん、いつも忙しそうだし。空き時間は大抵お兄ちゃんと一緒だから、お邪魔かなーって」
「俺だって、いつもルフレとばかりいる訳じゃないぞ」
「嘘っ、お兄ちゃん自覚ないの? 今だってルフレさんの寝顔、独り占めしてた癖にー」
「! 独り占めって、そんなんじゃな…っ」
「あ、お兄ちゃんはそっち編んで」
「は!?」
「三つ編み。これぐらいなら出来るでしょ」
「?? 何だってそんなこと……」
「いいからいいから……って、何捻ってるの!?」
「む……こうか?」
「そうじゃなくてもーっ、出だしから間違えてるし!」

   ◆◆◆

「それで? 私の髪、何故こんなにこんがらがってるんですかね??」
「えへへー……」
「リズさん?」
「えーっとね、たまには違う髪型に変えてみるのも、気分転換になって良いんじゃないかなって」
「そうですね。まあ右は良いでしょう、右は」
「でも左のコレは一体何なんですかっ、まさかの固結び!? さっきからちっとも解けないんですけど!!」
「……うん、そっちはお兄ちゃん作だから」
「……すまん……」
「もうっ、いっそのことちょん切っちゃいましょうか? それとも一思いに燃やしちゃいましょうか!」
「何!? ルフレ早まるな!」
「駄目駄目ーっ、魔道書は仕舞ってー!!」




ご意見・ご要望等あればご自由にどうぞ(拍手のみでも可)
あと1000文字。