拍手お礼恋小話18:菊丸英二

 

  「ねぇねぇ、英二♪」

  「なに〜?」

  「コレなぁ〜んだ?」

  「ん?何ソレ?」

  「えー…英二が欲しいって言ったのに、忘れたの!?」

  「えっ!?俺、なんか欲しいって言った?」

  「…もういい。英二がそんな人だと思わなかったッ!!」

  「あっ!ちょ、ちょっと待って!!」

  「ヤダ。手、離してよッ!!」

  「ごめん、俺が忘れたのが悪かったから!!」

  「…じゃあ、思い出して。」

  「うーん…なんだっけ?」

  「ほら。そーやって英二はいっつも人を頼る。」

  「ごめん!!ね、教えて?」

  「…もう。しょうがないなぁ。耳、貸して?」

  「うん。」

  

    “英二を大好きな気持ちを手紙にしたの”

  

  「あっ!!そういえばッ!!」

  「やっと思い出した?英二から言ってきたんだからね?」

  「うん。忘れててごめん!!」

  「じゃあ、ハイ。」

  「ありがとう!!」

  「あ。後で読んでね?」

  「今じゃダメ?」

  「だ、ダメ!!後で一人で読んでよ!!」

  「え〜」

  「“え〜”じゃない!!」

  「怒った顔も可愛いよ♪」







拍手Thanks☆ついでに一言あればどうぞ!!返事はDAYにて。(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。