「よーし、今日の練習はここまでで〜!」

  葵くんの声で、今日の部活もおしまい。

  片づけをしながらも、今日こそは、と思うこと。

  一度ぐらい、放課後デートをしてみたい・・・!

  部活も一緒だし、帰りだって一緒だけどね?
  でも、必ずみんな一緒なの!
  二人きりでってことなんて一回もないの!!
  休日だって部活だったりみんなで海行ったりしてるから、本当に二人きりって滅多にない。
  私たちって、本当に付き合ってるのかなぁ・・・。

  「あーあ」

  思わずため息が出る。
  と、後ろから頭を叩かれた。

  「なにが『あーあ』なのさ?」
  「虎次郎・・・」

  その姿は、間違いなく今まで思っていた相手。
  悔しいけど、本当にかっこいい。
  と、これはせっかくのチャンス!
  今のうちに言っておかないと・・・

  「サエさん達〜!今日帰りに海行きませんか〜?」

  という葵くんの声。
  あぁ、やばい。
  ちょっと待ってよ!これじゃあまた。

  「おう、わかった」

  ・・・と、虎次郎が返事して。
  今日もまた、みんなで仲良く海遊び決定。

  「なんだよ、どうした?」

  突然虎次郎が顔を覗き込んできた。

  「な、何が?」
  「嫌な事でもあっただろ?お前すぐ顔に出るからな」

  そういうことはすぐに見抜いちゃうのに。
  どうして、気持ちまでは見抜いてくれないのかな。

  「今日は、一人で帰る」
  「え?」
  「じゃあ、また明日ね」

  それだけ言うと、急いで教室に戻った。


  みんなでいるのが嫌なわけじゃない。
  でも、たまには二人っきりの時間だって欲しいってこと。

  「わかって欲しい、なんて、私のワガママなのかなぁ・・・」

  ふと窓の外を見ると、葵くんやダビデ、バネさん。
  亮くんにいっちゃんも、みんな楽しそうに歩いていった。

  ・・・あれ。
  虎次郎、は?

  「まだここにいた」

  振り向くと、入り口に虎次郎が立っていた。

  「あれ、みんなと海行ったんじゃないの?」
  「お前の様子変だったからさ。そのまま行けないだろ?」
  「別に、なんでもないよ。たまには男だけで遊びたいかな〜って思ったからさ」

  これ以上言ったら、嫌われるかもしれない。
  そう思ったら、なんでだか必死に言い訳している自分がいた。

  「『わかって欲しい』って、俺にでしょ?何をさ?」
  「聞いてたんだ・・・」
  「言ってくれないと、俺わかんないよ?」

  他の事は全部気づいてしまうのに、なんで?
  なんでこれだけ、わかってくれないの?

  「私達、付き合ってるんだよね?」
  「あぁ」
  「でも、いっつもみんな一緒で。二人っきりの時間なんて、全然なくて」

  虎次郎がじっとこちらを見ているのがわかる。
  呆れてるかもしれない、嫌われちゃったかもしれない。
  そう思っても、口は止まってくれない。

  「未だにキスだってしたことないし、本当に、付き合ってるのかなって。私だけ、好きなんじゃないかって」

  そこまで言った時、突然視界が真っ暗になった。

  「あ、あれ?」

  それが、虎次郎に抱きしめられてるんだってわかって、顔が熱くなる。

  「好きだよ」
  「虎次郎」
  「ごめん、本当はなんとなく気づいてた」

  え?
  気づいてたの?

  「じゃあ、なんで」
  「二人になりたいってのは、俺だって当然そうだけどさ」

  虎次郎が一瞬息を呑んだのがわかる。

  「抑える自信、ないんだ」

  顔を上げると、真っ赤になった虎次郎の顔。

  「・・・あんまり見ないの」
  「だって、なんか意外で」
  「好きだからこそ、怖がらせたくないし。みんなと一緒なら、それもないだろ?」

  それってつまり、大切にしてくれてたって事だよね?
  なんだ、そうだったんだ。

  「でも、今のお前の言葉聞いて安心した」
  「へ?」
  「お前もそう思ってたってわかってさ」
  「そう思ってた、って・・・?」

  なんとなく、嫌な予感がする。
  と、目の前には虎次郎の顔。

  「こ、虎次郎」
  「目、閉じて」

  言われるがままに目を閉じると。
  降ってきたのは、優しく甘い、ファーストキス。







爽やかラブ。サエさんってこんなキャラか・・・?
楽しんで頂ければ光栄です。
拍手、ありがとうございましたv

Kirsche管理人:愛美・もも






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。