“ジリリリリ・・・”

   「うーん・・・あとちょっと・・・」

   と、目覚ましを止めたのはどれぐらい前だったのか。


   「うわぁ!遅刻するじゃん!!」


   「いってきまーす!!」




   急いで走っても、まだ学校なんて見えるはずもなくて。

   あぁ、これは遅刻かな・・・。
   実は皆勤賞狙ってたんだけどな。


   なんて事を考えてたら後ろから聞きなれた声。


   「あれ?お前こんなとこで何してんだよ」
   「桃っ!?アンタこそこんな時間にここにいて平気なの?」
   「チャリをなめんなよ。それに、近道発見したからな〜」

   そう言って、桃はニヤリと笑った。

   「後ろ、乗ってくか?」
   「えぇ!?」

   突然の言葉にただただ驚くばかりで、口をぱくぱくさせてしまう。

   「いやよ、このままじゃお前確実に遅刻だろ?皆勤賞、取れなくなっちまうぜ」
   「え、なんでそれを・・・」
   「質問は後で、とにかく乗った乗った!」

   と、半無理矢理に自転車の後ろに立たされて。
   私と桃を乗せた自転車はゆっくりと動き出した。



   「ねぇ、皆勤賞狙ってるって、なんで知ってたの?」

   そう聞くと、何か言ってるんだけど自転車のスピードで全然聞こえない。

   「あのさ、聞こえないんだけど?」
   「だーーっ、もう!めんどくせぇな・・・」
   「何、めんどくさいって・・・」
   「だから、お前最初の自己紹介の時言ってただろ?『皆勤賞狙ってる』って」
   「それを・・・覚えててくれたの?」

   そんな、もうずいぶん前の話なのに。

   「まぁ、お前の事だからな」

   ・・・・・・。

   「え、それって何?どういう意味?」
   「わかんなきゃいいよ!ったく朝からガラでもねぇよな・・・」

   と、自転車を漕ぎながらブツブツぼやく桃がなんだか可愛くて。

   「ね、桃」
   「んあ?」
   「今日さ、このままサイクリングしよっか」
   「サイクリングって、オレが漕いでるだけじゃねーかよ!・・・って、しかも皆勤賞取れなくなんだろ!?」
   「皆勤賞よりも、今桃と一緒にいたかった。・・・なんて、ダメ?」
   「・・・好きな奴にそう言われて断れるわけねーだろ?」

   そう言うと、桃はペダルを漕ぐ足に力を込めて。

   「お前の為にどこまでも漕いでやるからよ、しっかり捕まってろよ?」


   しっかり捕まってるから。
   だから、一緒に風を感じさせて。







桃ちん=自転車、な図式が出来上がっている・・・。
楽しんで頂ければ光栄です。
拍手、ありがとうございましたv

Kirsche管理人:愛美・もも






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。