誰のためだと思ってる?

   部活で遅くなって、どれだけ疲れていても。
   辞書を片手に一生懸命次の授業の部分を和訳していくのは。

   自分のため、だなんて、思わないんだろな・・・。


   「わっり!今日も当たりそうなんだよな〜、和訳見してくんねぇ?」
   「いいけど、汚くしないでよ?」
   「わ〜かってるって」

   英語の授業の前に必ず起こるこの状況。
   英語が苦手な彼にとっては苦痛以外の何者でもないこの時間。
   それをわかってるのか、先生はしょっちゅう切原に当てる。
   そのため、彼は大抵私のノートを写しに来る。
   席が隣りになったときに見せてあげた時から、ずっと。


   だから、それ以来私は英語だけはいつも予習していくようになった。
   そうすれば、切原は私を頼ってくれるから。


   「な〜んか、視線を感じる」


   ノートを写していた切原が突然そう言って顔を上げた。

   「俺の顔、なんかついてたりするワケ?」
   「え、そんなことないよ」
   「んじゃあ・・・俺に見とれてた」

   その言葉にドキッとした。
   どうしよう、実は気持ちバレてた?
   困ったな、なんて言おう・・・。
   そう必死に考えていると、切原は更に続けてこう言った。

   「な〜んて。そうだったらいいなーって思っただけだから、そんな気にすんなって」


   え、それって。

   それって、そういう意味・・・ということでいいんでしょうか。


   切原を見ると、その顔はなんだか赤くって。

   やっぱり、そういう意味、なのかな。

   そう思ったら私まで顔が熱くなってきて。

   思わず、こう答えていた。


   「見とれてた。・・・って言ったら?」

   すると切原はニヤリと笑って。

   「今日からは、『切原』じゃなくて『赤也』って呼べよな」

   そう言って、私の頭を撫でた。







英語といえば赤也でしょう(笑)中途半端ですみません・・・。
楽しんで頂ければ光栄です。
拍手、ありがとうございましたv

Kirsche管理人:愛美・もも






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。