今日の家庭科は、調理実習。

   しかもクッキー作りだから、女の子は作る前からドキドキソワソワ。

   「ねぇ、誰にあげる?」
   「やっぱり不二くんかなぁ。『ありがとう』とか言ってくれそう!」
   「私はやっぱり菊丸くん!可愛いもん♪」
   「可愛いよね〜!私も菊丸くんにあげよっかなぁ〜」


   ・・・お目当ての人物は、やっぱり大人気。


   「なぁ、今日は女子クッキー作んだろ?」
   「そうだけど?」
   「んじゃさ、お前作ったヤツ、俺が食べてやるよ」
   「ちょっと英二、何よその『やる』って」
   「まーまー気にしない気にしない。お前のクッキー、楽しみにしてるかんな」




   放課後、改めて自分のクッキーを見てみる。
   とてもじゃないけど、クッキーとは呼べない別のもの。
   さすがにこんなの英二に渡すわけにはいかない。

   英二は他の女の子からもいっぱいもらってたし。

   しょうがない、やっぱり自分で処分するしかないかぁ。

   と袋を開けたとき。

   「こぉらっ!!」

   と、いきなりそれを取り上げられた。

   「え・・・英二?」
   「俺が食べてやるって言ったのに、な〜んで一人で食べようとしてんだよ」
   「だって、英二いっぱいもらってるみたいだし、私の出来悪いから」

   そう言うと、英二は“はぁっ”と大きなため息をついた。

   「そーゆー問題じゃなくて、俺が食べたいんだから、お前は俺に渡してくれればいーのっ!!」

   ・・・ん?
   今、この人なんて言った?
   確か、私のこのクッキーを『食べたい』と・・・。

   「ほ、本気?」
   「当たり前だろ〜?」
   「だ、だって」
   「ん?」
   「焦げてるし、苦いよ」
   「甘さ控えめでいーじゃん。そんじゃ、早速一枚いただきっ」

   と、英二はその焦げ焦げクッキーを口の中に入れた。

   「・・・どう?やっぱり苦いでしょ?」
   「お前の味」
   「は?」
   「甘すぎなくて、ちょっと苦味が効いてるとことかさ。お前っぽくない?」
   「そう、かな」
   「そうなの。だから俺、この味好き」
   「はぁ・・・こんな味のでよければ」

   そう答えると、今度は英二は『わっかんないかな〜』と首を傾げた。

   「もっと言えば、お前自身も好き、なんだけどな?」


   「・・・えぇ!?」


   「お前の事が好きだから、お前に似たこのクッキーも大好き。それぐらいわかれよなぁ」
   「わかんないよ、そんなの!」
   「じゃあ・・・」

   “ちゅっ”

   「これなら、わかる?」

   突然の出来事にしばらく呆然としてしまう。


   「あれ、わかんなかった?   そんじゃもっかい・・・」
   「わー、もうわかったから!!」
   「よおし、そしたら、これからこのクッキー食べるのは俺だけな?」
   「う、うん」
   「あ、クッキーだけじゃなくて、お前もな♪」


   これからは素敵な学園生活、になりそうです。







なんか偽者英二でごめんなさい・・・。
楽しんで頂ければ光栄です。
拍手、ありがとうございましたv

Kirsche管理人:愛美・もも






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。