レーチスの手元に、大切な少女を描いた、たった一枚の紙切れはもう存在しない。
きっとあの絵は、自分の息子の息子が持っているほうが相応しいだろうから。
だから、これからレーチスの中で彼女は色褪せていくばかりだけれど、
それでも、構わなかった。

彼女を忘れはしない。
レーチスはいつまでだって、彼女のために生きていくつもりだった。

「ナシャ」
彼女の名前を呼ぶと、無性に悲しくなる。
振り返った少女の銀髪がはらりと揺れた。
レースで彩られた黒いワンピースの裾がふわりとなびく。
美少女だ。レーチスは思う。
随分昔、初めて彼女に出会ったときから、
レーチスの描いた少女と、彼女は、妙に酷似している気がしてならなかった。

レーチスの思う、偶像のウラニア・ノルッセルに。

「まあ」
ナシャは苦笑した。
「私などにお声をかけてもよろしいのですか?異分子様」
穏やかな物腰。丁寧な言葉遣い。
昔はもっと優雅なんて程遠い性格だった彼女も、
数十年の時を経てしまえばこんなにも様変わりする。
とはいえ、それは彼女の愛する男のために、ナシャが苦心して成し遂げた偉業だが。

「異分子云々はともかく、ナシャに話しかけてるところが見つかりでもしたら、
多分君の旦那はブチ切れるだろうね」

彼女の夫は嫉妬深い。
ナシャのあまりの美しさに魅入られて、
彼女を寝取ろうとした男を執念深く二十年も探しているような奴。
…まったく、彼女もいい男とめぐり合ったものではないか。

「リズ君はとってもお優しいですから。
あの方が怒ってくれるから、私はこうして笑っていられるのです」
「いやあ…彼の場合、優しいのはナシャ限定だと思うけどなあ。
なんせ俺が君のこと、知り合いに似てると思って話しかけただけで、
一発殴り飛ばされたくらいだし」
「その節は大変ご迷惑をおかけしました。
でも、仕方なかったとはお思いになりませんか?
当時、私たちは巫子で、そしてあなたは、異分子だったのですから」
「……その表現はちょっと誤りだな」

レーチスはにやりと笑った。
「俺は現在進行形で"異分子"なんだよ」
「あら、私にはそうは思いませんわ」
ナシャは実に優雅な物腰で微笑んだ。
「だって、あなたは今、第九の巫子でも、過去夢の君でもないではありませんか」
「…君のその性格のいいところがすごく好きだよ」
レーチスは肩をすくめた。
「過去夢の君の能力を移す方法、編み出したのは君のくせに」
「それを実行に移したのはレーチス、あなたでしょう?
それに、その魔術を考えたのは私だけではありませんもの。
フェルもシェロも、あなたの考えに一役買ったではありませんか」
「…本当に、次に俺が巫子になる日が来たら、
君とリズセムだけは敵に回したくないと本気で思うよ」

チルタは運が良かったのだと、レーチスは思う。
決して口に出すことはないだろう。
けれど、世界なんてものは、本当はもっともっと無慈悲なはずだ。

チルタにはルナやラファという理解者がいて。
ロビやギルビス、そしてラゼなどもなかなか見所のある連中だし。
巫子全員が自分本位でしかなかった、レーチスの時代とはわけが違う。
少なくともラファ達には、否、その一部、といえばいいだろうか…
彼らの中には、チルタの事情を知ろうという気概が見えたのだから。

そう思うと今回の巫子たちは随分とお優しい奴らが集まった。
本来世界と、それを破壊せんとする者を天秤にかけて、後者を気遣う者などいやしない。
それが正しいと考えるのは大概の場合悪役ただ一人で、
そして、それは少数派の意見であるはずだ。
レーチスがこうして五体満足で生きているのもまた、運が良かったからで。
それも、チルタのように優しい少女がいたからではない。

結局、世界はなにもかもが打算と思惑で動いている。
「エルディからお聞きしましたよ。
今回の赤の巫子は、現過去夢の君がいらっしゃったそうですね」
「…なにが言いたい?」

ナシャは笑った。
この花のような少女も、その腹は黒い。今だって。
聖職者の衣装に身を包み、世界平和と神の遵守を唱えながらも、
現に過去夢の君と対峙した場面になって、
彼女は真っ先に平和をぶち壊しにしようと動いた人間だ。

「いいえ?
その方がいらっしゃれば、ノルッセルの未来は安泰だと思っただけですわ」
「…多分、君がいる限りノルッセルの未来はお先真っ暗だね」

やはり彼女は好きになれない。
顔はいかに似ていようとも、レーチスの愛する少女のような、
純粋さの欠片もないナシャに、レーチスは嘆息した。

愛を忘れてくれますか
そうして君はしあわせになればいい

(群青三メートル手前:淆々五題)



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。