拍手をどうもありがとう!!



「とうさんはさ、ちょっとすぐに怒り過ぎだよ」

シェールがそんなことを言い出したのは、タリウスが息子に向け某かの小言を言った時だった。

「悪いがこれが俺の性分だ」

「うそだ!」

「何?」

「だって、前はもうちょっとやさしかったじゃん」

「そんなことを言うなら、お前だって前はもっと良い子だっただろう」

「それはっ!」

言い返そうとして、シェールは言葉に詰まる。

「それは、別にイイコだったわけじゃなくて、ただイイコでいようって思って頑張ってただけだよ」

「ほう。なら何故頑張るのをやめた?」

「なんでって、そんなことしなくても良いのかなって思ったから」

息子の言葉に、過ぎ去りし日々のことが思い出された。ここへ来たばかりの頃は、まるで遠慮のかたまりのようだった息子も、徐々に地が出て、今やこの通りである。

「控えめで、言いたいこともろくに言えない昔のお前もかわいかったが、どちらかと言うと、俺は今のお前のほうがわかりやすくて好きだ」

「とうさん」

シェールはきょとんとして父親を見た。

「その分、叱ることも増えたがな」

「やっぱりやさしいとうさんのがいい」

「お前な」

一連のやりとりは一体何だったのかとタリウスは呆れた。

「すぐ怒る~」

そう言いながらも、息子の目は笑っている。他愛のないやりとりをしながら、心が軽くなるのがわかった。

~Fin~  2020.4.11 満拍手ありがとう☆



よろしければひとことお聞かせください♪お返事はブログから差し上げます。
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。