拍手をどうもありがとう†

「うわー!かあわいぃーっ!!」

真新しい手製の巣箱を覗き込み、シェールは感嘆の声を上げた。キラキラと輝くその瞳に映るのは、もっふもふの白いかたまりである。

「母さん、あれは…」

「ウサギよ。あなたの父さんが市場で買ってきたの」

巣箱から少し離れたところでは、タリウスとアリシヤが小声で言葉を交わしていた。

「なんでまた?」

「あの子が欲しがったからよ」

「シェールが?一体いつ?」

息子を連れ、生家へ帰るのはこれが二度目である。自分が知り得る限り、特に手紙のやり取りなどはしていなかった筈だ。

「前にここへ来たときに、ジョンの小屋に興味をもったらしくて。そのときに、犬が欲しいのかと聞いたら、犬より猫よりうさぎが欲しいと言ったそうよ」

「それでわざわざ?」

「わざわざ買いに行ったのか、たまたま見付けて買ってきたのか、そこらへんのことはわからないけど。別に良いんじゃない?あんなに喜んでいるわけだし」

「そうだけど」

うさぎを抱き上げ、幸せそうに愛でるシェールを見て、もちろん悪い気はしない。ただこれだけ可愛がっているということは、それだけ辛い別れをしなければならないということだ。

「ねぇ、とうさん。この子うちに…」

そら来た。

「だめだ」

「なんで?まだ全部言ってないじゃん」

「聞くまでもない。うちには連れて帰れない」

「いやだー」

思ったとおりだ。タリウスは露骨にため息を吐き、それから母親に向け恨みがましい視線を送った。

「ずっとうさぎさんといたいなら、良い方法があるわ」

「いい方法って?」

シェールはうさぎを腕に抱いたまま、アリシヤを見上げた。何故だろう。タリウスには嫌な予感しかしなかった。

「あなたもうちの子になっちゃえば良いのよ」

「な…」

ふんわり微笑む母親を見ながら、タリウスは絶句した。

「えーっ?!そんなこと急に言われても!どうしよう!」

シェールはうさぎと父親とを交互に見比べ、ぴょんぴょん跳ねた。うさぎが迷惑そうに首をすくめた。

「冗談じゃない。シェール、悩むな。断れ」

「だって、欲しかったんだもん。うさぎ…」

今にも泣き出しそうなシェールを前にタリウスは本気で焦った。ひょっとしたら、記憶の彼方にある嫌なことを思い出したのかもしれない。

「なら、また会いに来れば良いだろう」

「本当に?また連れてきてくれる?」

「もちろん、いつでも来たら良い」

それを聞いて安心したのか、シェールはわかったと言って、腕の中のうさぎを巣箱に戻した。そして、背後のアリシヤをすまなそうに見上げた。

「ごめんね、おばあちゃん。僕、おばあちゃんちの子にはなれない」

「良いのよ。でも、本当にいつでもあそびに来てちょうだいね」

「うん!」

そうして極上の笑顔を向け合う母親と息子をよそに、タリウスはひとり特大のため息を吐いた。


~Fin~ 2021.8.28 市場で売ってたってことは、多分、食用…。食べないけど。



よろしければひとことお聞かせください♪お返事はブログから差し上げます。
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。