web拍手、ランキング投票のクリックありがとうございます!

     【光のもとで / 恋する決意 Side 桃華】
    
    
      静寂の中、花をじっと<見つめる。
      花の顔、枝ぶり、それぞれの表情をいかすにはどういけるべきか……。
      思いを巡らせ花と向き合う。
      今日の花材はアネモネ。
      はかない恋、薄れゆく希望、恋の苦しみ、辛抱、待望、期待、可能性――。
      苦い思い出が付随する花だからこそ花言葉を覚えている。
      あの男を想って何度いけただろう……。
      苦しくて切なくて、胸が張り裂ける思いだった。希望の光など差したことはない。
      辛抱、待望、期待――想像すら難しい可能性を夢に見た。
      やがて夢見ることすら苦しくなって、私は「想い」に蓋をした。
      ――もう、恋なんてしない。
     「想い」と決別したのは、あの男が中等部を卒業した日のこと。
     「懐かしい……」
      自分が発した言葉を意外に思いながら、なおも花を見つめる。
      今はこの花を見ても辛くはない。
      けれど、変化はそれだけではなかった。
      この心は、私への断りもなく勝手に恋をした。
      あの男とは正反対の、別の意味で望みの薄い人に。
      相手はクラスメイトのお兄さん。
      大学院にいるということは、少なく見積もっても年の差は八歳。
      きっと、私はあの人の恋愛対象になれないだろう。
      妹の同級生としか見られない。そんなことわかってる。
      でも、向けられた笑顔に囚われた私にはなす術もない。
      胸が高鳴る。
      また苦しい想いをするかもしれないのに……。
      あの人は、誰に対しても優しく微笑むのだろう。
      そうは思うのに、「可能性」を夢見て淡い期待を抱く。
      その目に映りたい、笑顔を向けてもらいたい、と――。
      あんな辛い想いをしたのに、まだ私は夢を見ようとしている。
      でも……あの人になら「好き」と言えるかもしれない。
      あの男には一度として伝えることができなかった想いを。
      あの人になら伝えることができるかもしれない。
      不完全燃焼ではなく、きちんと完結できるなら……。
      そんな恋なら後悔はしない。
     「しない後悔」は、もういらない――。

   
      イラスト:涼倉かのこ様



一言いただけると嬉しいです(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。