web拍手、並びに、ランキング投票のクリックありがとうございます!   

     【光のもとで / 好きな人 Side 飛鳥】
     
     自分のクラスを見上げると、海斗が自分の席から下を見ていた。
     まるで、猫が街行く風景を眺めてるみたい。私だけしか気付かなければいいのに……。
     そうは思ってもみんなが海斗に気付いてしまう。
     用があるわけじゃないけど、みんなが「海斗!」と声をかける。
     女子が手を振れば、にこりと笑って手を振り返す。愛想のよさは犬なみ。
     こういうとき、出遅れると何もできなくなる。
     ――えぇいっ! 私らしくないっ。弱気になるなっ!!
     ここは一発ガツンと呼ぶっ。
     そう思ったとき――。
     「海斗、はいっ! 決めポーズ!」
     空太がテンポ良く声をかけると、海斗はリズムにのってポーズを決めた。
     「っ……!?」
     周りはドッと湧くけど私は――。
     ウィンクとかズルイ。不意打ちすぎる……。
     開いている左目と目が合った瞬間、頬に熱を持つ。
     これ以上直視なんてできないっ。
     私は昇降口に向って走り出す。
     頬が熱い。胸がドキドキする。
     これ、いつになったらおさまるんだろう――。

    
       


     イラスト:涼倉かのこ様



一言いただけると嬉しいです(絵文字や環境依存文字を使わないようお願いいたします)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。