リザ「エドワード君。お客様から拍手を頂いたわ。」

   エド「マジで~?ありがとな。」

   リザ「ちゃんと敬語で言いなさい。」

   エド「苦手なんだよな~。」

   リザ「言えたら、家でシチューを作ってあげるわ。」

   エド「マジで?あとリザから、チューして欲しいな。」

   リザ「なっ・何を言ってるの!?」

   エド「だっていっつも俺からじゃん!
      キスしたら、リザってば、いつも顔赤くして・・・」

   リザ「それ以上言わないで・・・!」

   エド「恥ずかしがらなくて良いのに。まっ・良いか。
      俺の攻めで、リザを色々と・・・。」

   リザ「もうゴメンなさい。読んで下さって、ありがとう。
      これからもサボらないように、管理人を見守るから。」





ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
あと1000文字。