「ねぇ、待ってよご主人。こんな時間にどこへ行くの? 危ないからぼくも一緒に行くよ。待ってってば……!」

深夜に家を出て行った飼い主を追いかけて、仔猫のルイが辿り着いたのはなんと異世界!


ぼくを抱き上げた女の子は知らない言葉で喋ってる。生まれた頃からご主人に育ててもらったから、人間の言葉はちょっとならわかる。だけど、この女の子が何を言ってるのかぜんぜんわからない。なんでだろう?

飼い主とは違う言葉を話す人間達、不思議な猫、見たこ との無い街並み。

「ルイ、俺達から絶対に離れるなよ。ここでは羽の無いお前は珍しい存在だから、悪い奴に狙われやすい。うかつだったな、もっと早くその事に気付くべきだった。」

様々な出逢いと別れを繰り返し、はぐれてしまったご主人を探して仔猫の冒険が始まる!


仔猫が主役の異世界トリップファンタジー。




どの作品を読んで頂いたかなど教えて頂けると喜びます!(拍手だけでも送れます)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。