今晩は。こんな時間までどうしたんですか?
眠れないようなら、温かいミルクでも入れましょう。ぐっすり眠れますよ。

…おっと、いけない人ですね。
こんな夜更けに、そんなに愛らしい表情で男を見上げるなんて反則ですよ?

………っ!
身体が冷え切っているじゃないですか!
まさか…。そんな、いつから、ここに立っていたんですか?
こんなに白い顔をして……。

…っ、少しだけ、失礼します。
決して貴方を傷つけることはしないとお約束しますから、今だけ。
貴方の手を取ることを許して頂けますか?
私の熱が、少しでも貴方に伝わるといいのですが。

ああ――いけません。
お願いですから、その先の言葉は、言わないで。

言わぬが花――という言葉が、この国にはあるでしょう?
秘めた想いは、秘めたまま。

貴方には、貴方の生きるべき世界がある筈です。
そして、私も……じき、日本をたちます。

この逢瀬も、この温もりも。
ただ、一夜の夢として――永遠に、この夜に閉じ込めることにしましょう。

さあ、最後のお願いです。

――Close your eyes . My beloved princess.

≪遙かなる時空の中で5 アーネスト・サトウ≫



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
あと1000文字。