拍手の音が聞こえると思って振り返ってみれば。
…なんだ、地味子か。

って、おいおい、このくらいのことで拗ねるなよ。

ほら、こっち向けって。

おい、あんまりオイタが過ぎると、このまま強制的に神戸に攫っていっちまうぜ?
……何だ。まさか冗談だとでも思ってるんじゃないだろうな。

だから、お前は甘いって言ってんだよ。

お前が泣いて、叫んでも。決して逃がしてやらない。
この胸に閉じ込めて、朝も昼も……――夜も、離さない。

息もつけない程の快楽を、その身に刻みつけてやる。


――……ん?どうした?顔が真っ赤だぜ。
ははっ、本当にからかい甲斐のある奴だな。

……おっと。だから、またそこで怒るなって。
詫びといっちゃあなんだが、今日の俺の、この後の時間は、全部お前だけにくれてやる。
たっぷり甘やかしてやるから、少しは機嫌を直せ。

そして俺だけの華に、口づけする権利を与えてくれないか。

≪金色のコルダ3 東金千秋≫



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
あと1000文字。