お正月あなたとふたりっきり



二人でぬくぬくこたつであったまって


ときどき当たる足に妙にどきどきする




「…なんか寂しいね、銀ちゃん。神楽ちゃん達いなくて」

「俺ァ、本来もの静かな男なんだよ」


神楽ちゃんと新八くんは里帰りしている。

帰る家がない私達は、こうして万事屋で年明け。もちろんお年玉なんてない。




「さびしいくせに」

「……」


ガサゴソ

「?」


「、、、こんな時はアレだな。糖分接種。」



銀時はそう言いながら、みかんを取り出した

「甘くないじゃん」

「お前ェ、みかんナメンなよォ!」


そう言うと銀時はあなたの腕を掴み、引き寄せる。


「ちょっ…なに」

話の続きもさせぬまま、口付けた。


「ふっ…」
舌といっしょに甘いつぶつぶ……みかんが入ってきた。
「!」





「な?甘ェだろ??」

「……うん」





こうして、万事屋の正月はふけていったのでした。



◇◆◇◆◇◆◇◆

拍手ありがとうございました!!励みになります!!
よろしければ、一言おねがいします。今後の参考になりまっvV



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。