ありがとうございました!



特訓(策瑜)


雄飛の時のタメ時間が大幅に伸びた。
0.5C→2Cと約4倍である。
この計略はタメ計とは思えないほどの、タメ時間の短さが売りだったのに。
このままでは、使えない計略になり下がってしまう。
気をためるのに時間がかかってしまうのは、きっと集中力が落ちたせいだ。
ならば、次Ver.までに集中力を高めて、絶対にタメ時間を1C以内に縮めてやる!!
そう決意した孫策は、通常の訓練のあとに周瑜を呼びとめた。
「公瑾!!俺に特訓をつけてくれ!!」
孫策の申し出に、周瑜は意外そうに目を瞬かせた。
「私が?伯符に?」
「おう。あの瞑想するやつを頼む。」
「珍しいな。伯符が瞑想とは。」
確かに、俺に瞑想は似合わないかもしれない。
でも、タメ時間短縮の可能性があるなら、なんでもやりたい気分なんだ。
「集中力を高めて、タメ時間を短縮するには良さそうだろ?」
「そういうことなら、喜んでお相手しよう。」
周瑜も俺がタメ時間延長を気にしているのを知っているから、快く引き受けてくれた。
さっそく、兵士達を帰したあとの、訓練場で特訓をすることになった。

周瑜と数歩分の距離をあけて向かい合い、座禅を組んで座った。
「まずは、目を閉じて。」
周瑜の言葉に従い、目を閉じた。
「雑念を払い、心を落ち着ける」
周瑜の声に従い、ゆっくりと呼吸をしながら、心を落ち着ける。
少しずつ透明度が増していく意識の中に、導くように周瑜の声が届く。
「自分の周囲に静かに意識を広げていく。ゆっくりと全てを感じてくれ。」
虫の声や鳥のさえずりや木のざわめき、人の話し声や気配。
目を閉じているのに、まるで高いところから見わたしているかのように、
周囲の様子を手に取るように感じる。
周囲に、溶け込み同化していくような感覚の中、
目の前に座っている周瑜の存在が、際立って孫策を引き付ける。
「なんでもいい。いま広げた感覚を何か一つに集中させて。」
その言葉に従って、今まで広がっていた意識が全て周瑜に集まって行く。
周瑜の呼吸を感じ、自分の呼吸を合わせる。
距離があるはずなのに、周瑜の脈動までも聞こえてくるよう。
「私の声が聞こえないぐらい、それに集中を」
周瑜にそう促されたが、周瑜の声ほど鮮明に聞こえるものはない。
周瑜のこめかみから流れる汗の軌跡すら追えるほど、意識が集中する。

「今日はここまでにしよう。」
どのくらい経ったのか、時間の感覚さえあやふやになった頃、周瑜に言われて、目を開けた。
ふぅ~と、集中がとける。
意識が研ぎ澄まされて、しっかり集中できた上に、心地良い瞑想の時間だった。
「この特訓、悪くねぇ。」
孫策が素直な感想をこぼすと、周瑜が嬉しそうに笑った。







ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。