僕自身は変わることを恐れずに、何回でも違う舞台に立ち続けていきたいんです。

自分も楽しみながら、誰かの元気のもとになるものを作り続けられたら最高だし

それが自分の生きる意味だと思っています。


2013.4月号 ananより抜粋



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)
お名前 URL
メッセージ
あと1000文字。お名前、URLは未記入可。