・魔導師ルーファス17話冒頭先行公開

 クラウス魔導学院に潜む影。
 ササッと物陰に隠れて今日もストーキング。
 学院で有名なストーカーといえば、ローゼンクロイツの追っかけアインだ。2代目として有名なのがユーリ。そして、このごろウワサになっているのがセツだ。
「嗚呼、ルーファス様。甘味処の割引券を手に入れたのでお誘いしたいのに……(小悪魔がちょろちょろと邪魔ですわ!)」
 物陰に隠れていたセツの遠い視線の先で、ちょろちょろとルーファスの周りを小走りしているビビ。
「ねぇ、ルーちゃんルーちゃん、割引券もらったから食べに行こうよ。ジャジャーン!」
 効果音を高らかに上げながらビビは甘味処の割引券を出した。
 よ~く目を凝らしてセツはビビの手元を見つめた。
「あれは同じ割引券!」
 しまった、先を越された。
「いいね、ちょうど小腹も空いてたし」
 と、ルーファスはセツの気も知らないで答えている。
 悔しそうにセツは袖口を噛みしめた。
「キィー! おんどりゃあ、血の雨を降らせたる!」
 ゴリラの形相で鉄扇を構えたセツ。
 そこへとある男が声をかけてきた。
「探したぞ」
 ゴリラが振り返った。
 あ、違った。ゴリラの形相のままセツが振り返った。
 思わずビビって後退った大の男は、武術大会で知り合ったハガネスだ。
 ハッと気づいたセツは苦笑い。
「おほほほ、ハガネスさんではありませんか?」
「あ、ああ……」
 完全にハガネスはドン引きしている。
 セツは取り繕うと必死になって、辺りを見回し適当な話の種を探した。そこで目に入ったのが、ハガネスが片手に持っていたトロフィーだ。
「それは?」
 白銀に輝くトロフィー。
「こないだの大会のトロフィーだ」
 先日の武闘大会の優勝者に捧げられるはずだったトロフィーだ。
「どうしてそれをあなたが?」
「大会は騒ぎで中止になったが、あの騒ぎを収めた功績ということでアステア王の使者がこれをもって来たんだが、俺にはこんな物をもらう資格なんてないから断ろうと思ったが、おまえのことが頭に浮かんでな」
 ハガネスはトロフィーをセツに差し出した。
「そうですか……」
 セツはトロフィーをつかんだが、手元に引き寄せようとはしなかった。その表情は暗い。
「どうしたんだ?」
「い、いえ、ありがとうございました。これでやっと故郷に帰ることができます」
 力強くトロフィーを受け取ったセツは、その顔を見られないように空かさず頭を深々と下げ、逃げるようにこの場から立ち去った。
 セツの背中を眺めながら首を傾げるハガネス。
「わからん、悪いことしたか?」
 悪気がなくても、物事が悪い方向に向かってしまうこともある。
 まさかハガネスがトロフィーをセツに渡したことで、王都アステアを巻き込む大事件になるとはッ!
 言い過ぎました。
 ルーファス周辺で巻き起こるドタバタ劇になるとはッ!



ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。