短い蒼紅会話文です


------------



『よくある覚え間違い』


「政宗殿!政宗殿!聞いて下され!」
「…いきなり何だ。テンション高ェな」
「先程、足軽達が各々昼餉を食ろうておる時、傍に片倉殿もおられたが、何も召し上がって居ないのでござる!」
「……で?」
「そこで兵達が『もう食べたんスか?』と訊いたら、片倉殿は『オレはもう済んだ』と
 渋カッコ良く仰ったのだ! されど、それは嘘にござる!」
「ンな事、なんでアンタに判るんだよ」
「む?片倉殿がその場から離れた処で、腹の音が鳴っておるのをしっかりと聞き申した!」
「…おっそろしい地獄耳だな」
「それはさておき、己の空腹を見事隠して、部下の前で気丈に振舞うお姿に、某は感服致した次第…!!
 かのような御仁の事をなんと申すか、ふおおっ、知っておりますぞ!えーと確かコトワザで…、えーとえーと、、」
「武士は食わねど?」
「爪楊枝!!!!」
「高楊枝だバカ」


【終】



-------------


拍手ありがとうございました!その1ポチが励みになります^^
次の拍手お礼文は、「弦月の烙印」番外小話★



ご感想等ありましたらお気軽にどぞv(拍手だけでも送れます)
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。

簡単メッセージ