拍手ありがとうございます!
SS(スーパーショート)なおまけ文を書いてみました。
全部で5種類あります。へたネタですよ。
宜しければどうぞお読み下さい♪


菊フラ







−計算の苦手な彼−


「いいですか?650円の物を1050円で買うと…」

「350」

「…‥おつりは400円です」

「何で!?」

「だから1000と50円あるんですから、引き算したら…」

「菊、買い物は足し算でするもんだぞ?」

「…‥はぁ‥」

先ほどから似たような会話の繰り返しだった。

事の発端は彼を連れて買い物に行ったとき。

雑誌を買ったら229円で、私は259円を支払ったのだ。

おつりは当然30円。

店員がレジに打ち込むまでもなくそう告げると彼は驚いていた。

「だいたい何でそんな面倒な方法で計算しているのさ」

「面倒ではありませんよ。こっちの方が楽なんです」

「嘘だ。お兄さんはそんなこと信じない」

「……‥」

家に帰ってきて彼に計算の仕組みを教えてみたのだが、これがさっぱり。

欧米諸国では引き算がマイナーだという話は本当らしい。

そう言えば以前、彼は計算そのものが苦手だという話も耳にしたことがある。

「フランシスさん。うちで買い物するときは一緒に行きましょうね」

「え、何で?」

「あなたに買わせていたら財布が小銭だらけになりそうです」

「えっ…ちょ、俺今軽く貶されてない?」

「うちは昔から"読み書きそろばん"が基本ですから」

そう言いながら話を切り上げようと私は席を立つ。

まだ買ってきた雑誌さえ読めていなかった。

引き算が出来ないようでは彼に259円で229円を買う仕組みの説明は難しい。

お茶でも淹れようかと台所へ足を勧めた。

と、引っ張られる着物の裾。

「ちょ、待ってよ菊。俺頑張るから!菊んチで買い物したいし!」

「大丈夫ですよ。同人誌即売会では小銭をたくさん持って行けばいいんです」

「そういうことじゃなくてっ!」

私が軽くあしらってやると彼は悲鳴に近い甲高い声を上げた。

どうやら虐めすぎたようで目元が潤んできている。

「俺だって…ちゃんと、お前の所の習慣知りたい…‥」

そう俯きながら彼は言う。

「…はぁ。だったらとりあえず小学生の"算数"からですかね」

私は彼のその可愛らしさに免じて、彼に一から四則演算を教えることにした。



2009 @ろんじん






何かありましたらどうぞ。お返事は日記にて♪
お名前
メッセージ
あと1000文字。お名前は未記入可。