【おまけ2】普段の社内の様子はこんな感じ…

愛里:「まず、ボスが砂糖抜きのカフェオレで、パパが砂糖だけひとつ。
    ゼロはミルクだけで、メイが砂糖3つのカフェオレね。で、オレがブラック。わかった?」
 宙:「えー…たぶん?」

<home, sweet home>

愛里:「なに、その曖昧な返事」
 宙:「や、てゆーか。わかってんなら、アイくんがやればいいじゃん。今までどおりさ」
愛里:「こういうのは新入りの仕事だろ?」
 宙:「新入りったって…私の方が年上じゃん」
愛里:「関係ない。先輩は先輩、後輩は後輩」
零司:「まあ、お茶汲みつったら女子の仕事だしな。世間一般的に」
 宙:「ゼロ、古い。いつの時代の話してんの」
メイ:「ソラは?」
 宙:「え?」
メイ:「ソラのコーヒーはどうするの?」
 宙:「どうするって…」
零司:「味、味。砂糖とかミルクとか」
 宙:「ああ。私、普通が好きだな。砂糖とミルクひとつずつ」
愛里:「うわ、ふつー」
 宙:「悪いか、普通で」
零司:「おいソラ。いちいちつっかかんな。アイはそれが地なんだから」
メイ:「素直なのよね、アイちゃんは」
 宙:「素直ならいいってもんじゃないと思うよ」
メイ:「でも、アイちゃんは絶対、嘘は云わないから。ね、アイちゃん」
愛里:「…しらない」
 宙:「あ。照れた」
愛里:「うるさいな!で?ソラ、ちゃんと覚えたの?」
 宙:「え?えー…アイくんはブラックで、砂糖一個が…ボスだっけ?」
愛里:「…(ため息)」
メイ:「(くすくす笑う)」
 宙:「…あれ?」
零司:「砂糖一個は仁さん。
    おい、アイ。しばらくお前も一緒にやってやれ。こいつ向いてねぇわ」
愛里:「使えないなぁ、もう」
 宙:「なんだと、この…」
零司:「はいはい。喧嘩しないの、お子様達が。そこは先輩として、
    五年間で培ったコーヒーマスターの力、存分に見せ付けてやりゃいいだろうが。
    ソラ、お前ちゃんと学べよ、後輩として」
 宙:「…みんなはさ、会社始めたときから一緒に働いてんだよね」
零司:「あ?まあ、そうだな」
 宙:「なあんか、ズルいなぁ。私だけ仲間外れっていうか、新米でさぁ」
メイ:「末っ子ね」
 宙:「ん?」
メイ:「ソラが末っ子。ゼロがお兄ちゃんで、私がお姉ちゃん。アイちゃんが真ん中」
愛里:「ボスとパパは?」
メイ:「お母さんとお父さん」
 宙:「…ボスがお父さんじゃない?イメージ的には」
零司:「いやぁ?ああ見えて、仁さんも割と男らしいとこあるからな」
愛里:「今日のデートも、パパから誘ったらしいよ。ちゃんとさ」
 宙:「へぇ、やっぱデートなんだ。何してんのかな?」
愛里:「映画観に行くって」
零司:「いよいよ観念してくっつくかー?」
メイ:「どっちでもいいんじゃない?
   ボスとパパはきっとずーっと一緒にいなきゃダメだもの、お互いに」
零司:「面倒くせぇ大人だなよあ、ふたりとも」
 宙:「楽しんでるといいね、デート」
愛里:「子供たち働かせて遊んでんだからね」
メイ:「目一杯楽しんできてもらわなきゃ」
零司:「よし。じゃあま、頑張ってる子供たちも一服しましょうや。コーヒー頼むぞ、末っ子」
 宙:「はーい。アイお兄ちゃーん、手伝ってー」
愛里:「…しょうがないなぁ」
メイ:「ふふ、アイちゃん楽しそう」
零司:「おい、末っ子。ちなみに、俺のコーヒーは?」
 宙:「砂糖一個!」
零司:「だから、それ仁さんだっつの」
 宙:「あ、あれー?」
愛里:「(ため息)」
メイ:「(笑う)」

--------------------
学生時代から付き合いのあるキャラクターたち。
私にとっても、彼らは家族です。



ご意見・ご感想などございましたら、こちらにお願いします。
あと1000文字。