眠りにつこうと、ベットの中へもぐりこむ。


まだ冷たい、ぬくもりの存在しない其処に、自分ひとりの温度をおしこむ。

毛布とその敷布団の間に自分の体を横たえて、
電気を消して真っ暗な部屋は、昔読んだ絵本の、大きな鯨に飲み込まれた
玩具の少年になったようだった。

無限に広がる宇宙の闇が、ひた、ひた、と、足音を忍ばせて此処へ向かってきている。
眠気に誘われるまでに、自分は、そのかすかな恐怖と、未だ温まらない寝具への苛立ちと、
そして孤独感と、…それらと戦わねばならなかった。
目を閉じても開いても、同じような闇の世界。
心臓が脈動する音だけが、耳に痛い。

アレンは身震いをした。


ブルル、頭の近くに置いた携帯電話が、そのとき、かすかに震える。
振動が間近に伝わり、アレンは上体を起こして携帯電話を掴んだ。
メール着信の知らせが、点灯している。
パコ、と折りたたみ式の携帯を開くと、メール着信一件、と表示されていた。
宛名に目を通す。




送信者:「ラビ」


タイトル:「もう寝た?」



内容:「夜遅くにメールしてごめん!特に用事というのはないんだけど、
一人で酒飲んでて。今から風呂に入って、寝ようと思って。夕飯の皿洗ってたらさー
なんでか頭の中にお前の顔が浮かんできたんだよなぜかー。キモイとか言うなよ。

げんきしてるか?」





最後のげんきしてるか?だけの一文が、ご丁寧に改行されていた。

おそらく、ラビが一番言いたかった言葉なのに、気恥ずかしくて最後に回された言葉なのだろう。


アレンの目尻から頬にかけて、うっすらと涙が線を描いた。


たった一言。こんな言葉で、いつも、あなたに救われてきた。




ありがとう。




携帯をパコン、と閉じると、それをぎゅっと胸に抱きしめる。

返事は、明日の朝にしよう。






きっと今夜は、もう、こわいゆめをみないはずだから。






ついでに一言あればどうぞ(拍手だけでも送れます)

あと1000文字。