世界が終わるまで365日の続きの話になります。
最初からは こちら から読めます。




20XX/04/13 前置き長い




《世界が終わるまで345日》



「M551シェリダンだ。水陸両用の空挺戦車で、浮航性のために車体がアルミ合金で造られている。主武装としてM81 152mmガンランチャーが備え付けられていて、これはMGM-51Aシレイラ対戦車ミサイルと通常弾の両方が発射可能だ。つくば市攻略戦の時は、輸送機から空中投下されて陸上戦での主力武器になった」
「前置きが長いよ」

長々としたカイエダの説明にうんざりして、ハマは呟いた。
車体の尻側半分が穴に落ちた戦車を、穴の縁にしゃがみ込んだまま見下ろしている。
緑のない田園地帯を歩いている途中に、この戦車を見つけたのだ。
ランチャーか投下型ミサイルで攻撃でもされたのか、地面に空けられた直径五メートル程度の穴にその戦車は落っこちていた。
カイエダが身軽な動作で戦車のハッチへと近付く。
錆びかけたハッチを無理矢理こじあけて、カイエダは車内を覗き込んだ。

「まだ動きそうだぞ」
「いやだよ」

呟かれた言葉に、即座に否定を返す。
ハッチから顔を上げたカイエダが不服そうにハマを睨み付けた。

「歩きより断然移動速度があがる」
「人を殺す武器には乗りたくない」

駄々じみたハマの言葉に、カイエダは無言で目を細めた。
だが、結局は何も言わずに立ち上がった。

「わかった」

カイエダは、ハマを見ていない。
斜めに傾いた戦車の上に立ち尽くしたまま、どこか遠くを見つめている。
視線の先を追っても、途方もなく続く地面が見えただけだった。



******


「送る」から続きの「20XX/04/14 歪な愛」が読めます。





メッセージ
あと1000文字。